加圧トレーニング
Prism-k
 
オアシススポーツクラブ
入会手続きまでの流れ
施設情報
加圧ご予約
 
TOP / 加圧トレーニング / 加圧トレーニングQ&A

オアシススポーツクラブ加圧トレーニングQ&A

加圧を行うことによって、体にはどんな作用がありますか?

加圧ベルトで血流を制限し、筋肉への負担を高め、成長ホルモンの分泌を促進します。
その後圧力を除くと溜まっていた血液が一気に流れ出し、体中の隅々まで 血液がいきわたります。
それによって、通常のトレーニング以上の効果が期待できます。

血流を制限するとは血を止めることですか?

適正な圧力で制限するのであって、完全に血流を止めてしまうわけではありません。

血流を制限するのはどんな方法でもいいのですか?

専門の加圧ベルトのみを使用し、それ以外は使用しません。
専門以外のものを使うと、筋肉を動かす時や太くなった時に過大な圧力がかかることがあるので、大変危険です。
また、自分で勝手に圧力を決めるのも大変危険です。

血流を制限するとは血を止めることですか?

加圧トレーニングにとって最も重要なことは、適正な圧力です。これによって適切に血流を制限し効果が上がるので、適正な
圧力なら大丈夫です。 制限しすぎると、血液が筋肉に流れなくなり、虚血状態に陥ります。
素人判断で加圧を行うのは大変危険です。

適正な圧とはどの位ですか?

適正な圧力は、その人によって値が違います。
専門のトレーナーが適正な圧を設定しますので、それを守ってトレーニングをしていただきます。

血流を制限するとは血を止めることですか?

トレーニングと聞くと重い負荷などを使うイメージがありますが、加圧トレーニングなら500mlのペットボトル等でも
充分に効果が現れます。

血流を制限するとは血を止めることですか?

加圧トレーニングと通常のトレーニングで筋肉の付き方の様子を比べると、通常のハードなトレーニングよりも軽い負荷の加圧トレーニングの方が、効果が上がるという実験結果が出ています。

適正な圧とはどの位ですか?

トレーニングの間隔は2~3日あけるようにします。週1回のトレーニングでも充分です。
通常のトレーニングの何倍も効果があるので、毎日必死に行う必要はありません。
適度なトレーニング間隔で長く続ける方が、効果は上がります。

血流を制限するのはどんな方法でもいいのですか?

加圧トレーニングでは適度なバランスの筋肉をつけることを目指します。
ボディービルダーのようなムキムキの筋肉は、それなりの食事とトレーニングを積まないと出来上がりません。

適正な圧とはどの位ですか?

専用の加圧ベルトを購入するか、加圧トレーニングが行えるジムに通うことで始められます。
どちらも加圧トレーニング資格者の指導のもと、適正な圧力を設定してもらうことが必要です。

加圧を行うことによって、体にはどんな作用がありますか?

専用の加圧ベルトを使っていても加圧トレーニング資格者の指導がない場合は、思わぬ危険を招く危険があります。
また、ゴムなどで勝手に加圧するのは絶対にやめましょう。

血流を制限するとは血を止めることですか?

外部から成長ホルモンを注入する場合と違って、加圧トレーニングでは一般的なトレーニングと同じく自らの身体から成長
ホルモンを分泌させるに過ぎません。
加圧トレーニングによって分泌される成長ホルモンの量は、一般的なトレーニングよりも多いですが、人間の身体には抑制機能があり、悪影響を及ぼすような成長ホルモンの分泌がなされそうな時には分泌を抑制するようになっています。
なので、加圧トレーニングにより悪影響がなされることはまずありません。

適正な圧とはどの位ですか?

トレーニング初心者によくみられるケースで、加圧後に腕等に赤い斑点のようなものが出てくることがあります。
これは普段使われていない血管にまでしっかり血液がいきわたっている証拠ですので、心配はいりません。
数日から一週間程で消滅し、加圧トレーニングを継続して行うと血管が鍛えられて、症状が出なくなります。

適正な圧とはどの位ですか?

けがの程度によっては、医師への相談が必要です。トレーニングの内容を変えることで、治療後のリハビリとしても行うことが
できます。

ページトップ